じっくり考えて損をしないような保険選びを紹介します。
じっくり考えて保険選びをしよう

死亡保障のある保険商品の保障期間の違いについて

被保険者が死亡したり高度障害状態になった場合に、契約時に設定した保険金を遺族に支払ってもらうことができる生命保険の商品があります。その商品のひとつに定期保険があります。この商品の特徴は保障期間が一定の年齢までや年数に達した時点で終わる点です。その為、保障期間が短ければ短いほど支払う保険料を安くすることができます。一般家庭の多くは子供が小さいうちや住宅ローンの支払いがある時期などは多くのお金が必要になりますが、年齢を重ねていくほど残りの人生における生活費は減ってくるので年齢が若いうちは一定期間の死亡保障がある商品に加入しておくと安心だといえます。それ以外にも保障期間が一生涯続く終身保険もあります。この商品の特徴は保障期間が生きている限り一生涯続くので、解約しない限りは最終的に契約時に設定した保険金を支払ってもらうことができる点です。その為、自分が死亡した場合の葬式代などいずれ必ず必要になるお金を準備しておくために、終身保険に加入しておくと安心だといえます。このように死亡保障のある商品にも保険期間が定期の商品と終身の商品があるので、加入する際は加入する目的をよく考えて加入することが大切であるといえます。

ページの先頭へ戻る