じっくり考えて損をしないような保険選びを紹介します。
じっくり考えて保険選びをしよう

地震保険の加入基準と見積もり

新築の分譲マンションや戸建てを購入する際に、又自分で戸建を注文建築する際に、団体信用保険へ加入しますが、その時に同時に地震保険や火災保険に入ることを薦められます。そのタイミングで加入をしないと、以降なかなか入るタイミングを逸してしまい、加入しないままであることが多いものです。しかし最近地震が続き、この数年の内に大きな地震が来る、備えを心がけるように、というニュースや政府広報を知ると、加入した方が良いかもしれないと、改めて強く意識せざるを得ません。しかし家も築年数が経過し、現在とは異なる耐震基準の建物だと、地震保険に入るとしても、保険料が大変高額になるので、躊躇してしまう方が多いのではないでしょうか。いっそ建て替えてから地震保険に加入しようか、と結局加入しない言い訳を思いつくだけだったりすることがあります。地震保険には加入基準があり、その基準を満たしていない建物は、実際には少ないと説明を受けたことがありますし、問題なく加入はできまることは確認しましたが、やはり新築の物件とは掛け金が異なります。新築で購入する、とか住み替える、というタイミングは保険加入の重要なきっかけですので、逃してはいけないと、改めて実感しました。

ページの先頭へ戻る