じっくり考えて損をしないような保険選びを紹介します。
じっくり考えて保険選びをしよう

保険料の支払が困難になった場合

生保の契約においては、保険料の支払が困難になった場合、解約してしまうと保障もなくなってしまいますので、解約以外の方法が用意されています。

保障の減額をして保険料を削減するのは代表的な方法です。他にも契約者貸付もあります。解約返戻金の範囲内で借入をする方法です。金利は必要になりますが、生活に必要な資金などを調達することは可能です。

他には、払済と呼ばれるものがあります。これは保険料の支払いを停止して、その時点の解約返戻金を財源に養老保険などにする方法です。特約などはなくなってしまいますし、保障は減少しますが、解約に比べますと保障がなくなってしまわない点でメリットがあります。

延長定期と呼ばれる方法は、保険料の払込を停止して、死亡と高度障害だけの保障のある定期保険に切り換えるものです。経済環境の変化などで保険料が負担になったとしても、万一の時に家族を守るための契約ですので、安易に解約することはできません。

このような方法の中から営業職員や代理店などに相談して最適な手段を選択することになります。解約して他の契約に切り換える方法もありますが、年齢の上昇とともに保険料がアップしていることが多いので同じ保障を得ることは難しいです。

※生保だけでなく自動車保険やバイク保険に当てはまるところもありますので、ご自分の保険を見直してみるとよいでしょう。

ページの先頭へ戻る